強いのか

カフェでもレストランでも、女が脚を組んで、傲然と男の話を聞いている、目はじっと男の顔からそらさない、という恐ろしい図を何度も見てきた。電車でもたいてい、女性はじっと男の顔を凝視している。噓は見逃さないわよオーラが出ていてとても怖い。

逆、つまり、男がふんぞりかえって、女がもじもじと言い訳をする、なんていうのはみたことがない。じつに女は強いものだ。

あるいは、社会的にはまだまだ不利な立場におかれているから、自衛的にこういう行動になるのかも知れない。だとすれば、男も、こんな修羅場を経験しないため、組織の「男社会性」(?)をなくし、平等にするのがよいし、得策であるとも思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック