両開き

遮熱のレースカーテンというのは寿命が何年だか知らないが、一度もクリーニングせずに、六年ぐらい経った。

見た目は汚れていないが、ダニがいると脅され、クリーニングに出す。それは予備として保管するので、新たに、注文したのだが、届いてみると、四枚ある。

ふつう、いくら幅広の窓でも、両開きが常識だろう。抗議すると、長い場合は二枚になります、と明記しています。縫製し直しますか(1万7千円)? あらたに作りますか(9万円を7万円に値引き)?と選択を迫られる。

この大阪の店、初めから、こういう売り方をしているのではないか?と疑心暗鬼になった。もちろん前者を選ぶ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック