退位について

エコノミスト誌、7月27日号。今回生まれたジョージ王子が、王位につくのはだいたい2070年だという。だから、エリザベス女王は、二年後、在位63年であったヴィクトリア女王を抜いたら退位し、そのあと、チャールズ皇太子は80歳、ウィリアム王子は70歳というように、退位する年齢を下げるべきだなどと書いている。

最近、オランダ、ベルギー、そして、何よりも、ローマ法王が退位した前例がある、というのだ。こんなことは天皇については、絶対に言えないだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック