女性運転手

疲れ切っていたというか、眠いので、タクシーに乗ると、顔は見なかったが、声から判断すると、60代の女性運転手だった。家のエントランスまで行ってもらい、支払うと、おつかれさまでした、と言われる。男の運転手にはない優しさだった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック