マヨネーズと西洋式のドレッシングが苦手である。かかっていると、除去してから、食べる。酢がそもそも苦手なのだ。

多分、私のヨーロッパ時代の前世は、これらが生まれる以前なのだろう。和風のドレッシングなら平気だが、それにしても、好きというわけではなく、塩、胡椒で十分。

同僚のアメリカ人にも、酢が苦手だという人がいる。前世の友人かも知れない。赤坂のレストランで、食事をしていると、同僚たちが、酢を飲むといかに体によいか、という話を延々と続けたが、くだんのアメリカ人と私は無言でフォークとナイフをひたすら動かしていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック