因習について

スウェーデンの玩具会社が、伝統的な男女の概念を踏襲「しない」ようにと勧告された(例:男児が青い服で戦闘的、女児がピンクの服でお人形遊び)。

これからは、女子の部屋は男子より整頓してあるべきだ、と考える、のはいいが、それを言ったり、前提にしてはだめな時代になっていくだろう。

こういう、男の子は外でスポーツ、女の子は室内でお絵かきみたいな発想、が実は危険なのである。これが、男は外で稼ぎ、女は家で家事をしろ、という野蛮な発想につながる。

スウェーデンのやったことは、そこまでやらなくても、という男子学生もいたが、因習を打ち壊すには、これぐらいの強引さが今や必要だと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック