警告、忠告する権利について

アメリカの策謀で、天皇は政治参加できなくなってしまったが、まあ、敗戦国だから、仕方がない。

ところが、英国では、エリザベス女王は、情報を受け、忠告し advise 、警告する warn 権利を今もしっかり有している。

首相も毎週女王に会って意見交換や雑談をしており、そのとき女王は、はっきりとではなく、ほのめかすように意見をもらしているのではないか。女王は、チャーチルをウィンストンと呼べる仲で、歴代の首相と付き合って来ている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック