英国料理について

英国料理がまずいと決めつけている人には、English breakfast を勧めたい。

これは朝食に限らず、夜のメニューにも書いてある。かりかりのベーコン、スクランブルエッグ、オレンジジュース、焼いたトマト、ソーセージ、お茶、トーストのことである。

サマセット・モームというゲイ(=美食家)の小説家が、英国で美味しいものを食べたければ、English breakfast を一日三回食べればよい、と書いているのは有名な話である。

また、インド料理店、中華料理店はいくらでもあるので、そういうところに行ってもよいだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック