ものを奪うソファーについて

今度買うソファーは、ひじ掛けと本体の間のすきまをよく見よう、と決意する。

大塚家具で買ったこの日本製の安物は、やたらに、ものが落ちて挟まる。

そして、指で取ろうとすると、よけい奥に入ってしまい、なんと4年間、ただの1度も取り戻せたことがない。

薬の錠剤が挟まることが一番多いが、ピーナッツ、柿の種、ねじ、なども見えないが、奥に入っているはずだ。極めつけは、超高価なドイツ製のペーパーナイフである。いつに間にか挟まり、そのままになっている。

まるで、ソファーが私からつぎつぎとものを盗んでいるように感じられる。

次回は、絶対、豪華な、美輪明宏邸にあるようなイタリア製にしよう。しかし、欧米のものはサイズが大きく、日本の家屋におくと、バランスが悪くなる。つまり、いい家具でまわりを囲もうとすると、大きい住居を買わなくてはならないのだ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック