「シュ」 について

「シュ」という音を表すのに、

イタリア語は sc
ドイツ語は sch
フランス語は ch
英語は sh

というように、ロシア語、アルメニア語などを除いて、現代語は2文字以上を用いる。

シュ、という音は、アルファベットが固まったあとになって発生したのだろう。ラテン語にもギリシャ語にもなかった。サンスクリット語にはあったが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック