Desiderata について

大学へ入った最初の、English Skills という、アメリカ人神父の授業。

いきなり長いB4一枚の英文を暗記させられる。

「他人と自分を比べると、高慢になったり卑屈になったりする。というのは、あなたより優れた人と劣った人が未来永劫、存在するからだ。」

if you compare yourself with the others, you may become vain and bitter, for there will always be greater and lesser persons than yourself.

という一節を思いだす。つくづく、人生の後から効いてくる文章だ。

ヨーク大聖堂に行ったときに、この文が、版画のようにして売られていた。Desiderata 望ましい生き方、というような、聖職者が書いたとされるものらしいことを知った。

それはともかく、つい人と比べてしまう、というのは、特に男はなくすのが難しい。女性は、美輪明宏先生によると、比べるのだが、「でも」という武器があるらしい。つまり、むこうから巨乳の美女が来ると、くやしい、と思うのだが、でも、頭悪そう、とチャラにしてしまうのだそうだ。どうりで女性は強いはずだ。こんな芸当は男にはぜったい無理である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック