スープレックスについて

スタン・ハンセンが、ウェスタンラリアットを空振りして、猪木が後ろからジャーマンスープレックスで決めるのは面白かった。

しかし、一番危ない技は、男子でなく、女子プロレスである。ジャガー横田の、相手の両手を固定して、受け身が取れないようにした上で、スープレックスをかける技。投げられた方は、後頭部をかばうことができない。一度、ライオネス飛鳥がこれで、一発で負けたのを見た記憶がある。

あれは、なにスープレックスというのか忘れた。あんな危険なのをみたことがない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック