ヨハネ伝について

古典アルメニア語のテクストを読んでいくと(まだたぶん初級レヴェルである)、「初めに言葉ありき」という、有名なヨハネによる福音書の冒頭だった。

この部分は、実は、昔から、日本語で読んでもよく意味が分からない、不思議な世界観である。

ちょっと思いをめぐらしてみる。光と闇。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック