ペロッとたべることについて

西麻布のリストランテ。

鹿とトリュフのパイ包みが出てくる。小さい。連れとパクッと食べてしまう。ふたりとも食べるのが早い。

すると、そのパイ包みを運んできたウェイトレスが、


あ、ペロッと、食べましたね! あ、すみません。。


といった。確かに一分かかっていないと思うが、客に「ペロッと」とふつう言うだろうか、とも思ったが、たぶんよほど驚いたのだろう、と許すことにした。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック