女がストレスだった

久しぶりに駅中に入る。

若い女たち。この野獣のような人間が、ちらりと目に入っただけでかなりの負担、ストレスになることがわかった。緑色だった心が瞬時にウンコ色へ変わるのがわかる。

どう自衛したらよいか。なにしろ、男性や中年以降の女性とは桁違いの邪気を発しているのだ。水晶で結界をはっても、突き破りそうな黒いオーラを発しているサングラスの、キャリーバッグをガラガラ引いた、尊大そうに歩く女たち!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック