丈夫な英国製について

日本でライセンス生産しているのではなくて、本物の英国製バーバリーは、異常なほど丈夫で、20年経っても、ボタンひとつ取れず、すり切れもしない。

他の会社についても、たいだい英国製は同じことが言える。信じられないかもしれないが、Turnbull & Asser というジャーミン街にある老舗のシャツは、やはり20数年経っているが、カフを直して、いまだに、着ることができる。 こんなにもつシャツは日本にはぜったいにない。とにかく、貝ボタンが一つも取れない、というのは驚異である。そのへんのボタンと違い、クリーニング店も、なんの指示も出さないのに、割れるとこわいのか、銀紙ですべてのボタンを包んでくる。大切に扱われるから、長持ちするということもあるだろう。

と、いうように、英国製品は、繊細さには欠けるが、丈夫である。ヘレンドとウェッジウッドを使って見ればすぐわかるが、前者は、薄く、かよわく、すぐひびが入ってしまう。皇妃エリザベートのお気に入りである。後者は、木の床に落したぐらいではなんともない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック