子育てについて

三歳の男児の父である同僚。

その子が可愛くて仕方がないらしく、5歳になって、「オヤジ死ね!」と言われたとしても、ぎゅっと抱きしめる、と言っていた。たった五歳でそんなこと言うだろうか。

ラテン系の男なので、話半分としても、親子の特殊な関係の一端を知らされた。

知識は経験の前に無力である。独身の私は、こういう感動的な話を聞いても、実感がわくことは一生ない。

それは宇宙の話を聞いても、無重力が想像できないのと同じだろう。宇宙は経験したことのない人が圧倒的だが、子育ての経験のない人は、少数派である点が異なるが、まあそれは仕方がない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック