悲惨な結婚生活

人づてに聞いた話である。

初老の教授が、初婚で結婚したらしいのだが、給料の大半を女房に渡している、という。そして、働く妻を駅まで車で送り、食事も教授が作っている、という。女房には連れ子がいるので、教授の書斎もとられてしまったらしい。老後のための貯金も目減りしてきている、という。

何のために結婚したのだろうか。おそらく後悔しているのではないだろうか。これまで、けちけちとため込んできたのに、悪妻に捕まって、浪費されて、虐げられるとは、なんと残酷な人生だろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月29日 23:19
まさに生き地獄ですね・・・@@

この記事へのトラックバック