確定して申告する

確定申告をする、といっても、国税庁のホームページへ記入して、それを自分でプリントアウトし、それを地元の税務署へ郵送するのである。

記入していって、結果が出ると、39万2千円ほど、さらに所得税を払わねばならないことに気づく。何かの間違いであって欲しい、と5回も6回も申告書を見直す。手書きでないので、なんとなく間違っている感じがしない。過去12年分以上保管してあるが、源泉徴収額が30万円ほど少ない。それでも、あとの9万円はどこから来たのか。

年末調整で、大学からずいぶんと戻ってきて喜んでいたが、それ以上の金額である。いったいあれはなんだったのだろうか。支出をもっと控えればよかったが、後の祭り。

これから3ヶ月は、吉野家と富士そばとマクドナルドとドトールに行くことが劇的に増え、ホテルオークラやニューオータニのカフェテラスやスターバックスへ行く回数がゼロになるだろう。万歳!

この記事へのコメント

2009年03月08日 23:38
先生の納税額を伺うと、自分がどれだけちっぽけなのかがよくわかってイヤんですが~(;;)(笑)

私は住宅ローン関係で初めて税務署に行ったのですが、書類が1つ足りなくて再提出でした。税務署は遠すぎてもう行けないので(バスが1時間に1本あるかなしかだし)、2回目は郵送にしましたが、不備があったらどうなるんだろう・・・と、ドキドキです・・・
2009年03月09日 00:25

・・・そうですか そうかなあ・・・
そんなに(2桁とか)所得はかわらないでしょう・・・1億円の人からみたら、生々しい数字ですが、700万でも 2000万でも同じではないでしょうか。。

間違っていると、還付してくれたりしますから、大丈夫でしょう。一方、追徴課税されたことは あったかも知れませんが、たぶんなかったと思います。別に故意の脱税ではないのですから間違ってもいいと思います。複雑ですよねあの書類。
2009年03月10日 22:19
ありがとうございます~^^
ちょっと安心して、更にぐぐりまくりましたら(笑)、”間違っていたら返信用の封筒を送っていればそれに入れて送り返される”というのがありました。本当かどうかはわかりませんが、返信用の封筒には入っていませんでしたので、合格したと思われます・・・たぶん・・・

この記事へのトラックバック