美輪明宏版「愛の讃歌」の凄さ

美輪明宏万歳!

NHK Songs という番組で、美輪明宏先生が歌うそうだ。今日、そのさわりを放映していたが、「愛の讃歌」はすごい。マイクが要らないのではないかという迫力だ。一挙手一投足の一つ一つが、心をわしづかみにするようだ。計算され尽くした所作、発声は、神が降臨したかのようである。

この曲は、まず歌詞を直訳して語り、その後、フランス語で歌うことになっている。世間で流布している歌詞が、原曲を損なっているからである。実は、エディット・ピアフの歌より、私は、感動的であると常々思っていた。

フランス語を習得して、何がよかったかといって、美輪明宏版「愛の讃歌」の歌詞1語1語が、身体感覚で直接わかる、ということに限る。フランス語の辞書が使えるとか、アポリネールが多少読めるとか、そんなことはどうでもいい。

美輪明宏版「愛の讃歌」が聞き取れるようにするためだけに、フランス語を学ぶ価値は十二分にある、と思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック