「麻呂の教授な日々」

アクセスカウンタ

zoom RSS ソファー

<<   作成日時 : 2017/09/16 07:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウィーン美術史博物館。

これぐらいゆったりと鑑賞できるのはよい。イタリアでも椅子はあまりなかった(イタリア人は地べたに座る)。日本でも、最近、ソファーが置いてあるのはよい傾向である。

わが国では、岡本太郎が書いているように、作品は、「見られると穢れる」的な発想があって(これは神道的な発想で仕方がない)、なかなかゆったりと見せてくれることはまだ少ない。

ひどい場合には、美術館の作品の前で、立ち止まらないでください!と警備員が叫んでいたこともある。これではジョークだろう。



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソファー 「麻呂の教授な日々」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる