「麻呂の教授な日々」

アクセスカウンタ

zoom RSS 視線と意識について

<<   作成日時 : 2017/07/19 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

視線。

何回も書いているが、視線は、消去法により、触覚で感じ取っているとしか考えられない。

しかも、感じ取るわけだから、目から何か出ているはずである。それはなんなのか?

授業で、学生が、髪のかかった額の部分で私の視線を感じたと言った。これは新しい現象である。私のように髪がなければ、直接、視線を皮膚で感じ取れるが、頭髪越しにも感じ取れるらしい。

しかし、考えてみると、背中に感じる視線も、服越しに感じ取っている。理工学部の学生にぜひ実験してもらいたいものだ。

目から何が放射されているのか。あるいは、目ではなく、人は、見ると、どこからか(脳?)意識が放射されるのだろうか。意識とはモノなのか。太極拳では、意識が気を動かすというが、その辺りと絡んでくるかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
視線と意識について 「麻呂の教授な日々」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる