「麻呂の教授な日々」

アクセスカウンタ

zoom RSS 羅競老師語録

<<   作成日時 : 2017/06/01 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

罗竟老师语录



42式

「虚实分明!」




如封似闭

最後の右足は、寄せた時、あまり右に開かず(一段階省略せず)次の「开合手」の足の動きにつなげる。



斜飞势

右足はかかとから着地。つま先ではない。




太極扇

剣で「向左平带」にあたるところ(だったと思う)



扇を持った右手は、両脚の延長線上まで入れ、下半身を安定させる。


平円のイメージなので、まず、左足 → 右足の順番で足を開く。




独立抡劈(に相当するところ)


左脚は円を描いて決める。




扇(を持っている方の手)が主役、他方は脇役。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
羅競老師語録 「麻呂の教授な日々」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる